神戸の結婚指輪・婚約指輪garden神戸三ノ宮 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

結婚指輪といえば男性様と女性様が一緒になって選んでいただく今後ずっと着ける指輪を指します。
何を重視して選ぶかとなった際に8割の女性様は間違いなくデザインを一番に持ってこられるのではないでしょうか。逆に男性様は貴金属の部門は分からないからと女性様に一任している方が大多数を占めます。

神戸三ノ宮結婚指輪

確かに沢山のお店があるため、探すのも一苦労かもしれません。ですが、女性様好みの指輪を選んでしまうと細身のデザインのものが多くなり何年、何十年後の変形のリスクが高まってしまいます。

ずっと着けていく結婚指輪だからこそ日々の日常生活で変形をしてしまうものは選ぶのを躊躇いませんか?
今日は意外に奥深い結婚指輪の製法の違いのご紹介です。

結婚指輪の製法① 鋳造製法

当店でも8割以上を占める製法です。国内のチェーンブランドや世界中でお店を展開しているハイブランドなども鋳造製法になります。
元ある原型に金属を流し込み固めて作る大量生産向きの製法になります。また、型があるため細身のデザインやファッション性のあるものなど様々なテイストを簡単に作ることができてしまうことが最大の魅力ともいえます。

ただし、液体状の金属を流し込むこと過程で変形の元ともなる気泡や余計な水分を指輪内に含みやすくなってしまいます。
そのため、親御様の結婚指輪を参考に見せてもらおうとしても変形していたり指に入らないからと保管している方が多いんです。
エトル指輪神戸三ノ宮
メリットとしては、①様々な形・テイストの指輪を作れる/②一気に生産できるので納期が短縮できやすい。
デメリットとしては、①時間が経つと変形のリスクが高まる/②一生物としては不安定。

 結婚指輪の製法② 鍛造製法

刀鍛冶の作り方と同じ製法です。指輪を作る際に金属を圧縮し一枚のプレート状にし金属同士を密着させます。
相することで変形のリスクにつながる気泡、水分を無くしより強固な金属にすることができます。そしてプレートにした金属を指輪の形にくり抜き再度、内側と外側から削っていき指輪らしい丸みを作ることが可能になります。

ただ、一本一本に対し人の手が介入するための浮くがしっかりとかかってくることやあまりの硬さに、祭z直しではなくまた一から作る交換対応になります。ですが待ってでも欲しい着け心地とよほどのことがない限り一生変形することのない指輪を手にすることができます。

神戸結婚指輪フィッシャー

メリットとしては①変形しづらい/②滑らかでストレスのない着け心地
デメリットとしては①納期が大幅にかかる/②何かあった際に一からの作り直し

 

いかがだったでしょうか?同じ指輪でも製法が違うと見た目だけでなく着け心地や中身など様々なものが変わっていきます。
鍛造製法の指輪が気になる方は兵庫一、取り揃えのあるgarden神戸三ノ宮へ是非お越しくださいませ!

フィッシャー | FISCHERの指輪へのこだわりと製造過程をご紹介

 

ご来店予約

おすすめ関連記事

gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る