みなさんこんにちは。今回は指輪の造り方について、詳しくご説明します。指輪の造り方は実は鋳造製法(ちゅうぞう)と鍛造製法(たんぞう)の2つあります。今回はそれぞれの特徴と、どちらが一生モノの結婚指輪に相応しいのかについてもご説明します。

鋳造製法(ちゅうぞう)
まずは、鋳造製法についてご説明します。鋳造製法とは、型にプラチナや金などの地金を流し込み、冷やし固める製法です。鋳造製法の大きな特徴は、型さえあればどんなデザインでも作ることができるということです。そのため、鋳造製法を取り入れているブランドの多くが、ストレート・ウェーブ・V字、様々なデザインの指輪を取り揃えています。しかし、鋳造製法で作られた指輪は、型に地金を流し込む際にどうしても気泡などが入ってしまいます。そのため、曲がりやすく耐久性は劣ってしまいます。パンケーキなどと同じような仕組みです。お仕事柄耐久の強いものが良いという方にはおすすめしません。
鍛造製法とは、漢字の通り「鍛えて造る」製法です。地金をプレス機にかけ、圧力をかけて圧縮していきます。金属は性質上圧縮すると固くなるため、鍛造製法で作る指輪は強度はもちろん、着け心地も良くなります。また、鋳造製法で作られている指輪と違って、キズも付きにくいのが特徴です。やはり一生ものである結婚指輪がすぐに曲がってしまったり、傷が付いてしまうのは嫌ですよね。そのため、鍛造製法の方が結婚指輪には相応しいとおすすめしております。garden神戸三ノ宮では、鍛造製法を取り入れているブランドを複数取り扱っております。必ずお好みのデザインが見つかるはずです!
鍛造製法・世界一・ドイツの老舗ブランドFISCHER
フィッシャーの結婚指輪メイン画面ドイツというとものづくりが盛んな国です。そこで100年以上結婚指輪のみで続いているブランドがあります。それが「FISCHER」(フィッシャー)です。「FISCHER」は世界一の強度と着け心地を誇るブランドでもあります。鍛造製法は圧力をかけて圧縮するとご説明しましたが、「FISCHER」はなんと200tもの圧力で地金を圧縮していきます。ここまで圧力をかけられるブランドは「FISCHER」をのぞいて他にありません。そのため、着け心地も最高です。毎日着けておく結婚指輪はやはりストレスフリーの方をオススメしております。「FISCHER」の着け心地にハマってしまい「FISCHER」じゃないと嫌だというお客様もたくさんいらっしゃいます。また、「FISCHER」は独自の色やマット加工なども種類が様々ございます。『ロードオブザリング』でも登場した「FISCHER」の指輪。ぜひ店頭で着け心地などをお試しください!
鍛造製法・日本一のブランドPilot Bridal
鍛造リングパイロットブライダルキラキラゴージャス指輪ブライト結婚指輪神戸三ノ宮兵庫
パイロットというブランドをご存知ですか?万年筆やボールペンで有名なブランドです。そのパイロット、実はブライダルジュエリーも展開しています。「パイロット」の特徴は、素材がプラチナ99.9%という純度の高いものを使用しているということです。プラチナは元々とても柔らかい素材ですが、パイロット独自の技術によってとても硬いウルトラハードプラチナというものを生み出しました。純度が高いと、金属アレルギーなどの心配もなく、安心してお使い頂けます。そして、さらに鍛造製法と取り入れているため、硬く丈夫な指輪となっています。店頭では、その強度の違いをペンチを使って試していただく事もできます。着け心地も鋳造製法のものと比べるととっても気持ちの良いものとなっています。

いかがでしたか?garden神戸三ノ宮には、他にも結婚指輪に相応しい鍛造製法で作られた指輪ブランドをご用意しております。ぜひ店頭でご覧ください。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。
ご来店予約

各店舗の鍛造製法記事もチェック

プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る