鍛造の婚約指輪・結婚指輪|神戸三ノ宮・元町・姫路・梅田

 

神戸三ノ宮鍛造製法の結婚指輪

鍛造製法とは
金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げる事で『鍛えて造る』製法です。
熱して柔らかくする事で金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に形成されていきます。
手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。
金属が鍛えられ事で引き締まり、加工硬化と呼ばれる金属組織の変形が起きる事で密度が高く、強い金属になります。
更にこだわった、自社独自の鍛造製法をするブランドもあります。
長所としては、金属硬度も高いため、変形に比較的強く仕上がり、磨いた際の輝きも強く感じていただきやすくなります。また、手にした時の質感(重厚感)が高い印象が特徴です。

鍛造製法の婚約指輪・結婚指輪

 

 
ご来店予約

まず、指輪のつくり方は主に、「鋳造(ちゅうぞう)」と「鍛造(たんぞう)」の2種類があります。
ファッションジュエリーや多くの日本の結婚指輪は、「鋳造」で作られています。

鋳造作りについて・・・

鋳造は溶かした金属を型に流し固めて造る製法です。
型を用意して作るので、ウェーブなどの繊細なカタチのリングもつくることができます。ですが、金属を流し込んでそのまま固めているために、柔らかく、気泡が発生したり素材にムラがでてしまうことがあり、キズが入りやすかったり、変形の恐れもあります。

鋳造作りの◎長所

 

・複雑なデザインを作ることが可能。
・ウェーブ感があるリングを作ることが可能。
・硬い金属そのものを加工する必要がないため、繊細な造形が可能。
・デザインの自由度が高い。
・型を作れば同じものを幾つでも製作できる。
 

鋳造作りの△短所

 
・高温で溶かした金属を型に流し込む際に気泡が混入してしまう。
・金属の密度にムラが発生して「ス」(金属内部の穴)ができてしまう。
・柔らかく、耐久性があまりない。 (細いリングだと特にすぐまがってしまう)
 

鍛造作りについて

 
鍛造は名前の通り金属を鍛えてつくります。
金属の塊をたたいたり、圧縮したりと何度も圧力をかけながら作るので金属を安定させることができます。
 

鍛造作りの中にも2つの製造方法があります。

1.伝統的な鍛造製法

金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げて指輪を作る鍛造方法です。熱して柔らかくした金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に成形されていきます。
この鍛造製法は多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。この技法は刀づくりなどにも用いられる長い歴史を持つ伝統的な技法です。

2.プレス・削りだしによる鍛造製法

金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

今日、結婚指輪にはこの「2」の製法が主に使われています。
鍛造作りのリングは密度が高く、気泡が残らないためかなり強度の良い指輪を作ることができます。
鋳造の指輪との強度を比べると、2~4倍といわれています。
ただ、職人の手でひとつひとつ作り上げていくため複雑なデザインを作るのは難しく、製作に時間がかかるのも事実です。

鍛造作りの◎長所

 

・鍛造することで密度が高くて強い指輪になる。
・鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い。
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高い。
・鍛造製法の方が表面硬度が高いため磨いた際の輝きも強くなります。
・金属の密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地も良い。
 

鍛造作りの△短所

 
・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい。
・デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです。
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい。
・職人の技量や経験が問われます。

 

神戸市三ノ宮結婚指輪婚約指輪3

鋳造の指輪だと、スポーツや力仕事など重たい荷物を持つ際に指輪が変形してしまったり、留まっているダイヤモンドが取れてしまったりする可能性があります。ですが、鍛造の指輪は強度もしっかりしているため、家事や育児、重たい荷物を持つ際にも気にせず身に着けていただけます。

指輪が曲がりにくいので、ダイヤを留めている爪もずれにくく、ダイヤ落ちの心配も少なくなります。表面硬度も高いのでキズも入りにくく、日常生活でも気にしないで使いたいという方にはオススメなのが 「鍛造」の結婚指輪です。

鍛造ブランドのご紹介

フィッシャー FISCHER

神戸三ノ宮鍛造リングフィッシャー

 
1919年から100年以上続く、ドイツの鍛造製法の名門工房の【FISCHER~フィッシャー~】。
町工場(ネジなどの部品工場)出身が多い鍛造のドイツブランドでは珍しい石留めの宝飾職人が立ち上げた手作業に高いこだわりを持つブランドです。1/100mmの誤差も許さない完璧をひたすら追い求めるブランドならではの至高の着け心地と世界最高峰の耐久性が特徴です。

FISCHERのリングは、独自の合金技術で、マイスターの伝統技術を持った職人と最先端のテクノロジーの融合のもとに、一つひとつ大切に製作しています。お客様のリクエストに応え最高のリングをお届けするために、カルテ製作からダイヤセッティング、表面加工、できるまでには数々の工程を経て、最後にレーザー刻印を行い、完成します。

ユーロウエディングバンド EURO WEDDING BAND

 
神戸三ノ宮鍛造リングユーロウエディングバンド
 
 
ドイツの鍛造製法の名工房【GERSTNER (ゲスナー)】と【EGF (イージーエフ)】の二つ工房で作る鍛造専門のブライダルジュエリーブランドが
ユーロウエディングバンドです。
GERSTNER (ゲスナー)は、創業1862年と老舗のジュエリー工房です。 1999年以降、ドイツ国内の宝飾小売店の人気投票ランキング、上位に選ばれています。
EGFは「最先端の技術」と「ゴールドマイスター」のふたつの技術で、今話題のメーカーです。 1948年にウエディングバンドのビジネスを開始しました。
 
 

パイロット・ブライダル Pilot Bridal

 
神戸三ノ宮鍛造リングパイロットブライダル
 
万年筆から始まった文具メーカーの【Pilot(パイロット)】が作る結婚指輪のブライダルジュエリーブランドです。
一生ものにふさわしい変形やキズに強い確かな耐久性
パイロット独自に開発した新素材「ウルトラハードプラチナ<UHP>」は、高純度と高硬度を持ちあわせ、結婚指輪にぴったりです。パイロットブライダルで使われるプラチナ999は純プラチナから独自の配合で作り出される他社では一切真似のできない素材で作られています。大正時代から続く企業らしい、独自のこだわりで結婚指輪一点一点を鍛造製法にて妥協なく作られている所が特徴です。着け心地と硬さにこだわった究極の結婚指輪それがパイロットブライダルです。
 
 

マイレ MAILE

 
神戸三ノ宮鍛造リングマイレ
 
二人の誓いの証、一生寄り添うブライダルリング マイレ
永遠の愛を誓う結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージメントリング)として、今もなお、人々に愛され親しまれています。
マイレのブライダルコレクションでは、金属を鍛え上げて地金をつくりだす一切つなぎ目のない「鍛造切削製法」でおつくりしています。
密度の高さ、強度、付け心地など自信をもっておすすめできるこだわりのクオリティの高さを是非手に取ってお確かめください。
ハワイで主流の14金に加え、一生ものの結婚指輪や婚約指輪にふさわしいスペシャルなお素材として、18金・プラチナもお取り扱いしております。
また、専門の職人がひと彫りづつ心を込めて施す格式ある伝統の手彫りは、ふたりの一生もののリングにふさわしい特別な輝きを放ちます。
 

カタム katamu

 
神戸三ノ宮鍛造リングカタム
 
katamu”の結婚指輪はおふたりのご縁をしっかり「固む」、高い強度となめらかな着け心地をもつ、一生ものにふさわしい指輪です。
国内自社工場で、ひとつひとつ特別な設備で金属を鍛えて作る鍛造製法 たんぞうせいほうによって作られています。

大多数のジュエリーは「鋳造 ちゅうぞう」という、溶かした金属を型で冷やし固める製法で作られています。
例えるならば、溶けたチョコレートを型に流して冷やし固めるようなイメージです。また、「鋳造 ちゅうぞう」は「キャスト」とも呼ばれています。
それに対して「鍛造 たんぞう」は、金属を加熱し、圧力をかけ、鍛えながら成型する製法です。
刀匠が金属を何度も叩いて圧力を加え、強靭な刀を作り上げる製法と同じ原理です。
金属には叩いたり延ばしたり曲げたりすることで硬くなる性質があります。その製法の違いから、「鋳造 ちゅうぞう」と「鍛造 たんぞう」では金属の密度や強度に大きく差が出ます。手間がかかるけれど、丈夫で傷がつきにくく、ゆがみにくい。そして表面が滑らかで、指通りが心地よい、美しい仕上がり…。一生身につけるものだからこそ、品質のよい鍛造の指輪をお勧めします。是非店頭で、katamuのクオリティをお確かめください。

フィッシャー×ガーデン FISCHER x garden

 
神戸三ノ宮鍛造リングフィッシャーとgardenコラボ
 
源にあるのは、ドイツ・マイスターの精神
映画「ロードオブザリング」にも使われた、歴史を超えて受け継がれるマイスターの伝統技術と、最先端の鍛造技術の融合から生み出されるフィッシャーのトゥルーリング(結婚指輪)。
長年の経験で培ってきた歴史的伝統技術と最先端のテクノロジーの融合が、フィッシャーの魅力的で質の高いモノづくりの活かされています。
世界中のお客様に愛されるよう魅力的なデザインは元より、質の良い商品を作るのはもちろんのこと、誠意ある対応を心がけ、日々努力しています。
フィッシャーのウェディングリングであなたの素晴らしい人生の1ページをスタートしてください。

ドイツマイスターの精神を受け継ぐFISCHER(フィッシャー)とgardenの鍛造コラボレーションシリーズ

グレースカーマ GRACE KAMA

 
神戸三ノ宮鍛造エタニティリンググレースカーマ
 

グレース カーマ・GRACE KAMAの商品の特徴は、第一に鍛造製法で作り上げられること。
金属の硬度を高める鍛造により、通常の鋳造によって作られたジュエリーに比べ硬くて丈夫です。
今までのエタニティリングの欠点であった石落ちを鍛造製法により極限までカバーできるようになり、婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)としてもお使いいただいております。また、地金の硬度が高く、密度が高いので、表面の仕上がりが滑らかで、着け心地が良いのが特徴です。
そして、従来の鍛造製法では難しかった特殊な製法によりダイヤの留める位置やデザインなど、デザイナーが表現したい細かなディテールを正確に実現することができました。エタニティリングの見た目の美しさだけにこだわるのではなく、製造の全てに拘りを詰め込んだのがGRACE KAMA(グレースカーマ)です。
特別な記念日の贈り物にも最適です。

マカナ Makana

 
神戸三ノ宮鍛造ハワイアンジュエリーリングマカナ
 

マカナは、ハワイアンジュエリーのマリッジリングです。ハワイ独自の、伝統的に育まれてきた模様が、手彫りによって彫り込まれた製品で、
日本の市場用にゼロから作り上げたアクアヴェール・オリジナルのマリッジリングです。日本とハワイで作る、それはハワイになかった一生ものの品質。日本(鍛造)とハワイ(手彫り)でつくる事によりハワイアンジュエリーを一生ものの結婚指輪の品質まで高めた日本初のブランドです。幸せへの祈りを込めて、全商品にサファイアを素晴らしき奇跡を呼ぶ精霊の力「マナ」。ハワイで深く信仰されている、マナの象徴として、リングの内側に、ブルーサファイアを埋め込んでおります。「マナを感じ、マナと共に、皆様が幸せでありますように。」との祈りを込めて、マカナ全商品に埋め込ませていただきました。

 

鍛造作りの結婚指輪は奥が深く、もっともっと製作工程は繊細です。
一生使いたい結婚指輪だからこそ、耐久性があるものを選びたいですね。
鍛造リングを見たい方は是非、品揃えNo,1のgarden神戸三ノ宮 へお越しください。
ジュエリーショップが初めてという方も多いですが、スタッフがお二人の好みに寄り添いご提案させていただきますので、ご安心ください。


gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る