皆様こんにちは!結婚指輪お探しの方必見な内容です。
結婚指輪で重要になってくるのが強度耐久性、着け心地です。今回は世界トップレベルのドイツブランドFISCHERについてご紹介致します!
FISCHER神戸三ノ宮結婚指輪

 FISCHERの強度耐久性

FISCHERのリングは「鍛造製法」金属の塊を叩いたり伸ばしたりして『鍛えて造る』製法です。金属が鍛えられる事で引き締まり「加工硬化」と呼ばれる金属組織の変形が起きる事で密度が高く強い金属になります。ドイツの厳しい金属基準をクリアした素材を使用し、独自に調合した地金を用いて金属のバーを製作します。その金属のバーをプレス機にかけて1/4まで圧縮し、地金の密度を高め硬度を上げます。そして圧縮した金属バーをプレス機で抜きリングの素となる「Oリング」を製作します。Oリングを内側から圧力をかけて成形できる形状に加工した後、切削機で基本制作形状に削ります。手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。
内側から削っていることにより、着け心地がなめらかで気持ちいい仕上がりになっております。
フィッシャー 結婚指輪 メイン画像

ドイツのマイスター精神

FISCHERを語る上で外せないのが『マイスター』の存在です。『マイスター』というのは、日本で例えるならば職人の「親方」にあたる存在です。マイスターになるためには専門学校に通いながらマイスターに付いて見習いとして修行し、一定期間職人として働いた上でマイスターに認められれば試験を受けるための推薦状がもらえます。そこから試験を受けるのですが、その試験も人生のうち2回しか受けることができず、その試験に通ったものだけが『マイスター』の称号を名乗ることができます。手工業における専門技術職の最高位として与えられる称号が『マイスター』なのです。非常に厳しい道のりを乗り越えた職人たちが作るからこそ「FISCHER」は世界最高レベルの品質の指輪を作ることができるのです。一つ一つのリングが手作業なので、マイスターによる思いが込められたリングをお客様に身に着けて頂けます!

 手作業へのこだわり

鍛造製法のメーカーはそれぞれ得意としている部分をもっています。「FISCHER」においては石留め・表面加工(マット)といった職人の手作業の部分で他のメーカーの追随を許しません。他のメーカーは工業用のネジなどの部品メーカーが始まりのところが多かったりしますが、「FISCHER」はドイツメーカーでは珍しく宝飾の石留め職人が立ち上げたメーカーです。そのため、他メーカーでは表現できないマットができたりします。そのマット加工も職人による手作業ですが、職人が変わるとマットの雰囲気が変わるといったこともなく、どの職人でもほぼ同じマットで仕上げてきます。石留めも『マイクロセッティング』(注1)で全部のダイヤモンドを留めていきます。そのため、FISCHERの指輪は納品後の石取れのクレームも異常なほど少なく、安心してお客様にお勧めすることができるのです。
(注1)スコープで覗きながら石留めをすること。非常に熟練した職人でなければできない作業です。

 FISCHERデザイン

デザインによってお好きな幅にカスタマイズができ、色味も5種類の中からお選び頂けます!
一生物の結婚指輪を選ぶのなら強度耐久性、着け心地の良い結婚指輪を選びませんか?

是非一度店頭で着け心地を体感して見てください♪

ご来店予約

 

 

 

 

プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る