結婚指輪の製造方法は大きく分けて、
鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)の2種類があります。
それぞれメリット・デメリットがあります。
伝統的な製法では、金属の塊をたたいたり、
伸ばしたりして棒状にしそれを曲げて溶接し、リングの形にしていく。
その後、装飾などを施しやすりなどで磨き上げて完成します。
刀鍛冶のようなイメージで、職人の技量が必要とされます。
もう一つはプレス法と呼ばれるもので、
プレス機で金属を圧縮して塊にしそれを機械で削り出し、
リングの形に仕上げます。

 

鍛造のメリットとは?

伝統的な製法でもプレス法でも、
どちらでも金属が鍛えられ引き締まるので
密度が高く強度が高いリングとなります。
鋳造リングに比べると変形もしにくい。
表面硬度が高いので、
研磨したときにより輝きが増すのも大きな魅力です。

 

鍛造のデメリットとは?

金属に直接加工をするために、
繊細で複雑なデザインを作るのは難しい。
そのため、どうしてもシンプルなリングが多くなります。
また、伝統的な製法では職人が手間暇を掛けて作り上げるため
注文してから手に届くまでに時間がかかることもあります。

 

↓↓↓もっと詳しく見る↓↓↓

鍛造製法の婚約指輪・結婚指輪神戸三ノ宮

 

↓↓鍛造製法の指輪のご紹介↓↓

FISCHER(フィッシャー)

 

9650438/9750438

結婚指輪(マリッジリング)

9650438/9750438

結婚指輪(男性用) ¥127,600(税込)
結婚指輪(女性用) ¥170,500(税込)
 
 
 
コチラもチェック!!

 

ご来店予約
gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る