神戸の結婚指輪・婚約指輪garden神戸三ノ宮 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

本日はクリスマスプロポーズに向けて婚約指輪をお探しの方の参考になれば、ということで高品質のダイヤモンドを選ぶ選び方をお伝えさせていただこうと思います。

ダイヤモンド高品質garden

ダイヤモンドには4C(Calat-重さ-・Color-色-・Clarity-透明度-・Cut-形-の頭文字をとった言葉)と呼ばれる希少価値の評価基準というものがあります。それはダイヤモンドを選ぶうえでどのお店でもお話しされるものなのですが、この4Cの評価が高ければ価値や価格も上がり、良いダイヤモンドを選んだという思いをされる方も多いのですが、あくまで希少価値が高いというものでしかありません。実際にそのダイヤモンドの輝きに関する評価は鑑定書には記載されていないのです。ダイヤモンドの4Cの評価が高い=ダイヤモンドがきれいに輝く、というわけではないということです。

ダイヤモンドの安心な選び方【神戸三ノ宮・姫路・梅田】

きれいに輝くダイヤモンドとは
ダイヤモンド
みなさんが思い浮かべるダイヤモンドは左の画像のようなダイヤモンドだと思います。このダイヤモンドのカタチをラウンドブリリアントカットといい、1919年にベルギーの数学者であり宝石職人であったマルセル・トルコフスキーが、ダイヤモンドの反射・屈折率といった光学的特性を数学的に考慮して、最も美しく輝く型を理論的に導き出したカタチとして、100年経った今でも人気の高いダイヤモンドのカタチなのです。
アイデアルカット ダイヤモンド 画像
マルセルが提唱したダイヤモンドのカタチはダイヤモンドのテーブル面(表面の形)が内側に沿った左の画像のような形をしていました。「アイデアルラウンドブリリアントカット」と呼ばれるこの形はダイヤモンドの輝きを最大限に引き出せるカット方法としてとても人気がありました。
通常の58面体ダイヤモンドカット 画像
しかし、現在主流のダイヤモンドのテーブル面の形は左の画像のような2つの正方形を重ねたような形をしており、マルセルが提唱した「アイデアルラウンドブリリアントカット」とは少し形が変わってしまっているのです。どうしてこの形に変わってきてしまったのかというと、最初にご案内した4Cが影響しているのです。

 

神戸三ノ宮ダイヤモンドの選び方7
4Cの評価項目の中のCutにはH&C(ハートアンドキューピッド)と呼ばれる左の画像のように専用のスコープを通してダイヤモンドの上部から覗くと8つの矢が見え、下部から覗くと8つのハートが見える。というものがあります。

このハート&キューピッドがきれいに見えるかどうかが希少価値に直結し、ダイヤモンドの価格にも直結するようになり、輝くダイヤモンドを重視するよりも、希少価値の高いダイヤモンドの方が人気となり、研磨が難しいアイデアルラウンドブリリアントカットが廃れてしまいました。

しかしながら、ダイヤモンドの本来の魅力は宝石の中で最も輝きに特筆した宝石であることで、世界中の人々を魅了する宝石でもあるので、garden神戸三ノ宮では4Cの評価も高く、より輝きに特化したダイヤモンドをお客様にご案内しております。『IDEAL』という名前を冠したダイヤモンドは原石からこだわり抜き、最高の技術を持って削り出されたダイヤモンドとなっており、世界最高峰の輝きを持つダイヤモンドとして認められ、ベルギー大使館からも推奨されているダイヤモンドです。

アイディアル ダイヤモンド 画像

 

ぜひ一度、お客様の目でその違いを体感しにgarden神戸三ノ宮までお越しください。

ご来店予約
 関連記事
プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る