普通のハワイアンジュエリーではものたりない貴方におすすめのブランド「HawaiianTi」
チタンでしか表現する事のできないカラフルで個性的なデザインにきっと満足していただけます!

 個性派ハワイアンジュエリーHawaianTiの商品例


ハワイアンジュエリー個性派HawaianTi 個性的なハワイアンジュエリー

 

HawaianTiブランドページ

Hawaiian Ti

 好きな柄に好きなカラーをハワイアンジュエリーHawaianTiだからできること

HawaianTiのカラーリスト

おふたりで、デザインが同じでカラーを変えるカップルさんも多くいらっしゃいます。
また、数年後にカラーチェンジすることも可能です。
チタンは、硬いのに軽くてシルバーみたいに真っ黒になったりしませんしアレルギーを起こしにくい金属です!
カラーの部分もチタンですので安心して着用できます。

ハワイアンジュエリーHawaianTiに使われている「チタン」について

チタンの特徴

チタンの三大特徴と言えば『軽い』『強い』『変色に強い』。


代表的な3つの金属、銅・鉄・アルミニウムと比べてみると、それがはっきり分かります。
まず、『軽さ』ですが、これは密度(どのくらい詰まっているか)を比べることによって分かります。
例えば、満杯に水の入ったバケツと、半分水の入ったバケツの重さを比べれば、水の量が半分のバケツの方が、当然、軽いように、密度が少なければ、軽い金属だと言えます。
ルミニウムの軽さには及ばないものの、鉄の3分の2程度。銅と比べると、半分くらいになります

チタンの発色

金属に色を付ける方法は様々です。鍍金(メッキ)もその一つでしょう。ペンキなどを塗装する方法もあります。
要は金属の表面が様々な色に見えるように加工するのですが、チタンの場合、特殊な方法によって、その表面にごく薄い皮膜をつくって着色することができます。
この、ごく薄い皮膜は非常に耐食性に優れているので、塩水や薬品などによって簡単に錆びたりとけたりすることはありません。
つまり、チタンは、色あせたり、変色したりすることなく、いつまでもその美しい色を保つことができるのです。

酸性雨や海風の影響を受けにくい性質ですので、屋外のモニュメントや芸術品には、まさに最適です。
被膜の厚さによって発色は自由自在ですから、あらゆる創造物(クリエイト)に対応できます。

ある時はアクセサリーとして宝石のように輝きます。
また、ある時は、前衛芸術のモニュメントとして感動を与え、ある時は、ブロンズ色の彫像として心を癒します。

チタンの色はしいて答えれば、「虹色」と言えるかもしれません。

 まとめ

この前衛的なカラフルさと手彫りによるあじわい深さは、HawaianTiにしかない魅力です。
ハワイアンジュエリーいとう150年以上の歴史あるジュエリー文化に新しい風がふいた結婚指輪です。
オリジナリティとユニバーサルの融合、HawaianTi。
是非一度本物をお手に取って良さを感じてください。

関連ページ

gardenフェスタ in 神戸三ノ宮 4月23日(土)・24日(日)|値上がり前のラストチャンス!オープン2周年♪ますますパワーアップ!ブライダルフェア開催

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る