OKINAWAには、”永遠”というストーリーを持つリングがある

かつて男性の求愛に対し「お受けいたします」という答えは、言葉ではなくミンサー織りの帯に込められました。
ミンサー織の帯には五つと四つの絣が織り込まれ「いつ(五)の世(四)までも永遠にあなたへの愛はかわりません」という意味が表現されています。
ミンサーリングは織物を一反ずつ紡いでいくように、職人の手により一つ一つ丁寧に作られています。そして、送り手の想いを大切にしたモノづくりにこだわり続ける事、それがミンサーリングです。いつの世も、あなたと共に。今日から新しい物語を共に重ねていくおふたりを心から祝して。
「いつ(五)の世(四)までも、あなたと共に」時代を超えていつまでも。

【関連記事】

gardenでは売上金の一部を兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援しています

兵庫県コロナ寄付

 
gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る