金属アレルギーとは

金属は普通、水にはとけませんが汗や体液(ピアッシング等の傷口から出ます)にはごく微量に溶ける場合があります。これを金属のイオン化といいます。
そもそも金属アレルギーとは人間がもつ抗体反応の一種です。イオン化した金属(アレルゲン)が体内に吸収された場合、体のタンパク質と作用して本来のタンパク質とは違う形になってしまうので、体の方がこれを拒絶して「かぶれ」「炎症」などを起こして体組織を壊してしまいます。
一度炎症が治まっても、同じ金属が再び触れると、前回の侵入時に用意された抗体がイオン化した金属(アレルゲン)と激しく反応し、そのたびに炎症を繰り返します。

金属アレルギー指輪姫路

金属によるアレルギーの違い

金属にはアレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属があります。

<アレルギーを起こしやすい金属>
ニッケル、コバルト、銀、銅、鉄など。

<アレルギーを起こしにくい金属>
金、プラチナ、アルミニウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム、チタンなど

※アレルギーを起こしにくい金属でも、体質によってはアレルギー反応が出る方もいます。いかなる金属でも絶対に安心というものはありませんので、ご注意ください。

SORAソラとチタンについてはコチラでチェック↓↓↓

 

ご来店予約
金属アレルギー指輪神戸姫路
 
gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る